知っておいて損はしないマクサルト!ためになる鎮痛剤の知識

偏頭痛に効くマクサルト

偏頭痛の治療には主に薬物での療法が基本となっています。
予防薬としては、頭痛になったときに服用する急性期治療薬と、頭痛自体を起こりにくくするものがあり、それぞれどちらも良く効く薬が使われるようになってきました。
その急性期治療薬には、医者から処方されるトリプタン系やエルゴタミン製剤などがあり、普通の薬局でも購入できる市販の鎮痛薬などもあります。偏頭痛の予防に関しては、薬を服用するだけではなく、日常生活での誘因を避けることが大切です。
月に2週間程度、頭痛の治療薬を飲んでいる方は、薬物乱用での頭痛に陥っている場合もありますので、効果的に適切に使用していくことが大切です。
今回皆さんにおススメしたい鎮痛剤は、マクサルト・ジェネリック『リザクト』です。
このリザクトは、急激な痛みを感じる偏頭痛にも素早く効いてくれて痛みを抑えてくれます。
大手製薬メーカーの、シプラ社が製造しており、安全面においても大変優れています。
急な偏頭痛のために出先で、または家庭に常備しておくのに大変便利な鎮痛剤です。

そしてこれらは先発薬として有名な、マクサルトのジェネリック薬になるので、偏頭痛が起こった時に素早く服用すると、高い改善効果を発揮してくれます。
そもそも偏頭痛というのは予兆を伴うことが多いので、その予兆が起きたらすぐにこの薬を飲むことで、早期に症状を抑えることが可能となっています。
(この早期というのは、偏頭痛が起こってから約10分以内を指しています。)

有効成分は、リザトリプタン安息香酸10ミリグラムで、ジェネリック医薬品になるので値段も安く購入することができます。
値段も安いので家でも出先でも常備している方が多いです。

使用方法としては、1日の最大量は20ミリグラムとして、追加で服用する場合は前回の投与から必ず2時間以上はあけるようにしてください。
副作用としては、個人差もありますが、眠気や倦怠感、下痢や腹痛などの報告を受けています。
これらはもちろんネットでの個人輸入でマクサルトの通販で購入することができるので一度試してみてはいかがでしょうか?